New title

年齢肌の原因はこれ。ちょっとした毎日のケアで肌を綺麗で健康に保とう!

こんにちわ。男だけど保湿を欠かさないゆういちです。

最近はお年を召しても綺麗な人が増えてきましたね。

実際には若く見える原因は肌とかより顔のつくりによって

年齢の見え方に違いが出るそうですけども。

顔のつくりによって変わる印象 (資生堂)

うーん…

まぁ、顔のつくりとかはぶっちゃけどうしようもないので、

自分でケアしたり変えていけるところで取り組めば

年齢肌に抗えると思い調べてみました!

肌の防御をしっかりと、守ってあげられるのは自分だけ

年齢とともに肌はターンオーバー(代謝回転)が衰えて、肌自身が生まれ変わる能力が落ちていきます。つまり古い肌や傷ついた肌が残ることによって奥に眠る基層肌までダメージが浸透したままになってしまいます。

上のグラフのように30代を起点に肌の能力は落ちていく一方で肌に重要な皮脂や水分が蓄えられずに常に肌の防御力に必要な材料の枯渇状態が続きます。だからこそ、逆に自分が守ってあげれば肌はそれを糧に一定の状態を保ち続けてくれるのです。

敵は思わぬところにあり、死角なく肌を守る方法とは

肌の状態を保つために敵を知る必要がありますよね。

美肌の敵は以下のようになります。

1・紫外線

肌の老化促進やトラブル原因の7割は紫外線の影響とも言われています。

紫外線は肌の状態にかなりのダメージを引き起こすものなので、肌に届かないように

する必要があります。

紫外線の影響

2・乾燥

乾燥は、様々な肌トラブルの原因になります。先述の通り、年齢とともに、肌は水分を保つ機能が低下して乾燥しやすくなることで、肌機能が低下して、老化が進んでしまう原因にもなります。

3・睡眠不足

睡眠不足は直接的ではないにしろ肌へのダメージに直結します。睡眠が足りていないと、成長ホルモンのバランスと肌リズムが崩れて、肌自身の体力がなくなってしまいます。

睡眠時間と肌の関係性

4.ビタミン不足

食生活の偏りによって、ビタミンが体に不足するといろんな部分で支障をきたします。

肌は一番影響の出やすい部分であり、ビタミンをバランスよく日ごろから偏食を避けバランスの良い食生活を心がける必要があります。

ビタミン不足と肌(スキンケア大学)

年齢肌を改善するため&美肌を守る秘訣

年齢肌を改善するには紫外線・保湿とビタミンがポイントと記述してきましたが

それらを実践するために秘訣をまとめました。

1 UVケアは怠らない

これはもう簡単ですね! 紫外線から肌を守るには市販でも売ってる日焼け止めなどが有効的ですよね! 最近のはSPFやPAが高くても美肌成分が入ってるものもあり、できるなら効果 が長いのを使用したほうがいいですね。 近頃、飲む日焼け止めも出てきて、手軽に紫外線から肌を完全ガード できるようになったのでぜひチェックしてみてください。

2 保湿には化粧水

保湿するにはやはり、保湿化粧水をつけることですね! 僕もつけてます。 夜寝るときはじっくり保湿するためにテクスチャーが粘性の高いもの 外に出るときは粘性の低いものを使っています。 オールインワンのもので、最近は各社の特徴として有効成分が違うので いろんな種類を集めるのもいいかもしれません。

3 質の良い睡眠をとる

睡眠時間を取ろうにも最近は生活の中で悩みや不安を抱える人も多いと思います。

睡眠はほんの少しのことでぐっすり眠れることもあるのでぜひこちらもチェックしてみてください。

自分でできる工夫とすれば音ですかね。ソルフェジオ周波数という心身に大きく作用する波数があるのでこれを聞きながら睡眠をとるのもいいかもしれません。

ソルフェジオ周波数を試してみる

4 毎日の生活だからパッとビタミン補給

実家暮らしならば、バランスよく食事をとることは比較的簡単かもしれませんが

毎日毎日料理して、野菜やお肉、炭水化物など多角的に栄養をとるのは難しいかもしれません。

なのでここはサプリメントに頼ったり、健康ジュースなどを飲むことも重要なことかもしれません。(出典:栄養教育論 中山玲子、宮崎由子 編集

大切なのは毎日の積み重ね。年齢と共に健康肌を

年齢はどうしようもないことですが、だからといって仕方ないとあきらめることではありません。毎日毎日小さな積み重ねをすることで確実に肌は改善できるものです。

スキンケアや生活習慣を改めて見直したりすることで新しい発見をしつつ毎日を明るく肌も健やかに過ごしていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする